インソールについて

当院では、足元から健康を考えます。

長年施術していて、偏平足や外反母趾、O脚、X脚、足の左右の長さの違う患者さんが多いことに疑問を持っていました。ベッドの上でいくら患者様が訴える愁訴だけの治療をしても、その直後はよくてももうひとつ症状が取れにくい原因は体の土台である足元の環境が整っていないと考えたのが、足底板(インソール)療法を取り入れるきっかけでした。

当院の足底板(インソール)はただ単に静止している状態で作製するのではなく、歩行を観察しながら作製する動的足底挿板療法(DSIS療法)といい「いかに足をうごきやすくするか」を目的として、足裏の重要なアーチ機能(土踏まずなど)を最大限に発揮させ、足の指を使いやすくさせることで、歩行が安定し、身体のバランスが整い、骨盤や全身の歪みが自然に矯正されていきます。歩きながら様々な症状を根本的に軽減できる画期的な療法ですので、自信をもっておすすめいたします。

歩きやすい靴の提供

当院では、患者様の正確な長さ、幅を計測し、それに基づき歩きやすい靴を提供させて頂いております。
何より靴は、身体の土台であるので非常に重要です。
どこに靴を買いに行っても合わない、痛いなどよくありますよね?
多くの方々がサイズが大きめや幅広すぎる靴を履かれてる事が多いです。

大きい靴を履くと足が靴の中で大きくぶれて身体に対して負担がかかったり無駄な力が必要になり、膝や腰だけではなく姿勢までも悪くなり全身まで悪影響を及ぼします。 中山鍼灸整骨院足底板挿療法について
実際にしっかり合う靴を履いて頂いた方で腰や膝の痛みが軽減したり杖なしで歩けるようになった等の声を頂いています。治療していて、痛みがもうひとつ取れにくい原因に靴の問題も多くみられます。
まず本当の足の長さを知り、足幅も計りきっちりとした靴を履かれて、足元から健康になって頂きたいと思っています。足の計測だけでも承っておりますので、お気軽にご相談下さい。